COLUMN

未分類

美白になりたい!肌を白くする方法とは?

2019/10/23

  • twitter
  • LINE
  • Facebook

透き通るような白い肌って女性らしくて憧れますよね。美白効果のある化粧品も続々販売されていますが肌を白くする効果的な方法はあるのでしょうか?今回は、美白に近づくための方法をご紹介します。

◇美白になるためのカギは「保湿」と「日焼け予防」

 

美肌・美白のためには内側からのケアが大切だと思っている人も多いですが、保湿や日焼け止めクリームなど、外側からのケアも大切です。まずは十分な保湿と紫外線対策といった、すぐにできる外側のケアから始めてください。

 

◇美白成分の入った美白化粧品を取り入れる

肌を今よりも白く、明るく見せるためには、シミやくすみを防ぐ効果のある化粧水や美白クリームなどを使うのが効果的です。美白成分を配合した化粧品は日々進化しており、実感力もアップしています。紫外線により発生した活性酸素は肌を錆びさせ、肌トラブルの原因になります。美白化粧品には活性酸素を除去するのに効果的な成分(ビタミンCや、ビタミンC誘導体、ビタミンE、ポリフェノールなど)が含まれているものも多いので、肌がワントーン明るくなり、美白に近づきます。

 

◇有効美白成分とは?

 

厚生労働省は下記の成分を有効美白成分として承認しています。

 

・ビタミンC誘導体

・アルブチン(ハイドロキノン誘導体)

・プラセンタエキス

・コウジ酸

・エラグ酸

・トラネキサム酸

・リノール酸

 

メラニンの生成を抑制したり、還元(元に戻す)したり、メラニンを含む古い角質を落とす効能のある成分と定められています。

 

◇ピーリングで古い角質を落とす

肌の古い角質を落とすピーリングは、肌の代謝を上げる効果があるため、肌本来の白さを取り戻すのに有効です。古い角質は肌にはいらないものなので、除去することで新しい細胞が生まれやすくなるのです。肌の新陳代謝のリズムが整っていきます。ただし、ピーリングは肌に負担もかかるので、1~2週間に1回程度を目安に行いましょう。

 

◇美肌・美白に効果的な食品を摂る

 

朝は抗酸化成分を含むものを摂取し、夜は肌の修復効果があるビタミンAを摂る、というように食事を考えると効果的です。例えば、朝はスイカやトマト、ベリー類(ストロベリー、クランベリー、ラズベリーなど)などの抗酸化フルーツや野菜。紫外線に対する防御力が強化されるので美白に効果的です。和食派の方には、抗酸化成分のアスタキサンチンを豊富に含むサケがおすすめです。夜におすすめのビタミンAを含む食材は、カボチャやにんじんなど色の濃い野菜や、うなぎやレバー(たんぱく室)などが挙げられます。

 

◇まとめ

美白のために欠かせないのは紫外線対策。紫外線は一年中降り注いでいるので、春や秋もしっかり対策してくださいね。外側と内側、どちらのケアも心がけましょう。

  • twitter
  • LINE
  • Facebook

TOPICS